東部知多クリーンセンター

受入貯留・前処理設備
受入口
 
 バキュームカーで搬入されたし尿や浄化槽汚泥は、受入口から受入槽に入ります。
 













 破砕機でし尿や浄化槽汚泥に含まれる、ビニールや繊維類などのきょう雑物を細かくします。













 細目スクリーンできょう雑物を取り除いた後、し尿や浄化槽汚泥は貯留槽に送られます。
 













 細目スクリーンで取り除いたきょう雑物は、スクリュープレスで脱水され、クリーンセンターにて焼却されます。
○破砕機
○細目スクリーン
○スクリュープレス
1次・2次処理設備
○第1反応槽

 貯留槽から送られてきたし尿や浄化槽汚泥は深さ約10mの第1反応槽に入ります。 ここでは曝気ブロア等の装置で槽内を曝気・撹はんすることにより、微生物の働きで有機物と窒素化合物を除去します。
 沈殿槽で汚泥を沈殿し、さらに薬品を使って凝集処理した汚泥は脱水処理をし、上澄み液は下水放流します。

○曝気ブロワ
汚泥処理設備
○脱水機(フィルタープレス式)

 汚泥貯留槽にいったん貯められた汚泥は、凝集混和槽にて薬品を加えた後、脱水機にて脱水され、脱水汚泥はクリーンセンターにて焼却されます。
 
脱臭設備
○酸・アルカリ洗浄塔

 臭いの出る設備、槽、部屋などは外にもれない構造とし、それぞれ濃度別に捕集しています。
 酸・アルカリ洗浄塔は、高濃度・中濃度臭気を薬液洗浄処理します。









 活性炭吸着塔は、酸・アルカリ洗浄塔からの臭気及び低濃度臭気を活性炭により吸着除去し、臭突から大気中へ放出します。
 
○活性炭吸着塔