東部知多衛生組合の沿革
 昭和37年2月10日  東部知多衛生組合設立(大府町・東浦町)
 管理者 大府町長 山口愛次 就任    
 昭和37年7月20日  阿久比町が組合へ加入 
 昭和39年1月31日  し尿処理施設(60KL/日)竣工
 ごみ処理施設(19t/日)竣工    
 昭和41年10月3日  管理者 大府町長 大島武雄 就任
 昭和41年12月16日  豊明町が組合へ加入
 昭和43年1月16日  し尿処理施設増設(40KL/日)竣工
 昭和44年3月31日  ごみ処理施設増設(20t/日)竣工
 昭和49年3月30日  ごみ処理施設(150t/16H)竣工
 昭和50年3月31日  し尿処理施設(100KL/日)竣工
 昭和55年4月28日  管理者 大府市長 鷹羽 操 就任
 昭和57年9月30日  し尿排水高度処理施設(4,000KL/日)竣工
 昭和58年7月31日  洲崎最終処分場造成工事(埋立容量 8,805立法メートル)竣工
 昭和59年10月23日  し尿処理施設消化槽改造(60KL/日)」竣工
 昭和62年1月10日  洲崎最終処分場堰堤築造工事(埋立容量 3,322立法メートル)竣工
 (嵩上げ後の埋立容量 12,127立法メートル)
 昭和63年11月30日  東部知多クリーンセンターごみ処理施設(240t/日)竣工
                 粗大ごみ処理施設(30t/日)竣工
 平成元年3月10日  葭野最終処分場( 69,996立法メートル)竣工
 平成3年3月20日  東部知多温水プール(25m×8コース)竣工
 平成4年4月27日  管理者 大府市長 福島 務 就任
 平成9年3月10日  東部知多浄化センター(し尿処理施設 200KL/日)竣工
 平成12年9月12日  東海豪雨による浸水被害を受ける
 クリーンセンター、10日間焼却不能により運転停止
 温水プール、32日間閉館
 平成14年3月5日  排ガス高度処理施設整備(ダイオキシン削減対策)」竣工
 平成14年5月31日  葭野最終処分場埋立終了
 平成16年4月26日  管理者 大府市長 久野孝保 就任
 平成20年8月26日  葭野最終処分場廃止
 平成27年3月21日  大東最終処分場(埋立容量38,139立法メートル)竣工
 平成28年4月26日   管理者 大府市長 岡村秀人 就任