東部知多衛生組合の概要


東部知多衛生組合は、愛知県大府市、豊明市、知多郡東浦町、阿久比町の2市2町で構成され、「し尿・ごみ」を共同処理する目的で昭和37年2月(37指令知第48号)に設立された一部事務組合(※1)です。
名古屋市近郊という地理的条件から人口急増等著しい時代を経過して、平成元年度に東部知多クリーンセンター(ごみ処理施設240トン/日)を、平成3年度に東部知多温水プール(25m×8コース)を完成させ、平成8年度には東部知多浄化センター(し尿処理施設200KL/日)を完成させました。また、平成13年度には、ダイオキシン類の発生を最小限に抑制し、環境に対する影響を最小限に抑える排ガス高度処理施設の施設整備を完了しました。
今後も、地域住民の方々が健康で豊かな文化的生活を営むことができる「清潔でさわやかな街づくり」を目標に、清掃事業の推進に努めていきます。
※1 地方公共団体の事務の一部を共同で処理するために設置されているのが一部事務組合です。1市町村では対応できない、あるいは広域で取り組んだ方が効率的である、等の理由で設立されるもので、ごみ処理、消防、火葬等様々な事務処理のために各地で設立されています。